【商品リンク作り方】もしもアフィリエイトとカエレバがおすすめ

ブログに商品のリンクを貼ってそこから商品を買ってもらうと紹介料がもらえる物販ASPというものがあります。

絶対登録しておくべきおすすめASPをご紹介します。

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトは有名なASPです。

審査もないため簡単に登録が可能です。

ブログにAmazon楽天の商品リンクを貼りたいならもしもアフィリエイトは必須です!

もしもアフィリエイトの特徴
  • アフィリエイト報酬に10%上乗せするW報酬制度がある
  • 初心者サポートがしっかりしている
  • カエレバと連携して簡単に商品リンクを作成できる

※特に最後のカエレバと連携できるのがポイントなので後ほどカエレバの紹介もします。

「直接連携する場合」と「もしも経由の違い」

もしもアフィリエイトではAmazon楽天と提携することができます。

Amazonアソシエイト楽天アフィリエイトで直接提携する場合ともしもで提携した場合の違いを紹介します。

Amazon 楽天 もしもアフィリエイト
支払い最低金額 5,000円 3,000pt 1,000円
振込手数料 一律300円 10% 無料

Amazonアソシエイトは5000円、楽天アフィリエイトは3000ptから報酬受け取りが可能になりますが、もしもアフィリエイトは1000円から報酬受け取りが可能でハードルが低いです。そのうえ手数料もかかりません。

もしもを経由した方がいい

僕は最初もしもアフィリエイトは使っておらず、Amazonアソシエイト楽天アフィリエイトに登録して直接提携をしていました。

その後、その方法よりもアフィリエイトを経由してAmazon楽天と連携した方が良いと知りました。

この画面で提携ボタンを押すだけで簡単に提携ができます。

f:id:webrank:20181011191001p:plainhttps://kaereba.com/

カエレバ

カエレバは商品紹介ブログパーツ作成サイトです。

このカエレバのすごいところはもしもアフィリエイトと連携できるところです。

https://kaereba.com/

f:id:webrank:20181011191905p:plain

①カエレバで紹介したい商品を検索して選択

②作成されたコードをブログの記事に貼る

こんな感じの手順で簡単にAmazon楽天へのリンクを作成できます。

ここから商品を買ってもらえれば収益が発生するので置いとくだけでも効果があります。

↓がカエレバで作成した商品リンクです。

カエレバを使えばAmazon楽天へのリンクを同時に作成することができます。

こうすることによりAmazonでしか購入しない人楽天でしか購入しない人、両方のユーザーが購入してくれますのでいいですよね。

最後に

複雑なので説明が分かりづらかったらすみません。

簡単に言うと、

ブログ→Amazon楽天よりも

ブログ→もしもアフィリエイトAmazon楽天とする方がいいよというお話でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です