リード文の書き方で意識する4つのポイント

f:id:webrank:20181118185552j:plain

リード文って何を書けばいいんだろう?

そもそもリード文って重要なの?

そのように思っている方は多いと思います。

しかし、リード文には「タイトルと本文を繋ぐ」という重要な役割があります。

どんなに記事の内容が良くともリード文でそれを伝えることができなければ、本文を読まれる前に読者に離脱される恐れがあります。

せっかく書いた記事が読まれない…。

そんな方でもリード文を変えるだけで読まれる記事になるかもしれません。

でもリード文って難しいんじゃないの?

いいえ、たった4つのことを意識するだけで誰でも簡単に、読者を本文へ導くリード文を書くことができます。

今回はリード文の書き方が分からない方に向けての

リード文で書くべき4つのポイント」をご紹介します。

リード文で意識することとは?

リード文で意識することは至って簡単です。

以下の4つを意識しましょう!

リード文で意識するべきポイント

ターゲットは誰か

何が書かれているのか

記事を読むことで得られるメリット

読者の悩みへの共感

①ターゲットは誰か

まず第一に「誰に向けた記事なのか」が重要です。

リード文でターゲットを書かなければ読者は読むべき内容なのかが分かりません。

アクセスしてくれた人が「これは自分が読むべき内容だ」とすぐに分かるように、必ずターゲットは書きましょう。

②何が書かれているのか

次にリード文に書くべき内容は「どんな内容の記事であるか」です。

これはその記事で書かれていることを簡潔にまとめるということです。

ここで読者の心を掴めるかどうかが重要です。

何が書かれているかを簡潔にまとめつつ、読者が記事を読みたくなるように以下の内容を書くとよいでしょう。

読者が読みたくなるリード文

①先に結論を述べて理由を知りたくさせる

②疑問を持たせ読みたくなるようにする

③意外な情報で興味を持ってもらう

③記事を読むことで得られるメリット

読者はその記事を読むメリットがなければ読んでくれません。

リード文でしっかりとメリットを伝えることで読者に本文を読ませることができます。

そして記事でしっかりと読者へ学びを提供できれば、満足感と信頼感を与えることができます。

質の良い記事はサイトのファンの獲得にもつながります。

この記事を読めばこんなことが分かります、できるようになります」というのをしっかりリード文で伝えましょう!

④読者の悩みへの共感

これはあったほうがいい+αです。

この「読者の悩みへの共感」があるかないかで記事を読んでくれるかどうかが決まることもあります。

筆者自身が読者と同じ悩みを感じていた。

そしてその解決策がこの記事に書いてあると分かれば読者は必ず記事を読んでくれます。

最後に

僕自身この記事を書くまであまりリード文については意識をしていませんでした。

しかし、リード文について学び、その重要さに気付きました。

記事の始まりの文章、これがダメだったら本文までダメなのではないかと思われかねません。

まずはリード文をしっかりと書き、記事を読んでもらえるようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です