誰でも簡単!アドセンス単価を上げる設定方法!

f:id:webrank:20181126182320p:plain

アドセンス収益ってなかなか伸びないですよね。

最初の内は広告の配置や種類に悪戦苦闘すると思います。

広告を貼って結構経つのに1日の収益が100円も行かない日が続く、ということもあるのではないでしょうか?

今回は誰でも簡単にできるアドセンスの収益を上げる方法をご紹介します!

アドセンスの収益を上げる方法

アドセンスの平均的な単価

1クリックの単価は20~30円程と言われています。

1日数回しかクリックされないとなれば、なかなか収益は伸びませんよね。

しかし、中にはクリック単価の高いジャンルというものがあります。

1クリック1500円といった話も聞きますね。

クリック単価の高いジャンル

まずはクリック単価の高いジャンルをご紹介します。

クリック単価の高いジャンル

・転職・求人

・保険系

・自動車系(中古車査定、自動車保険など)

・金融(クレジットカード・ローンなど)

・美容系(エステ・脱毛など)

・投資系(FXなど)

・不動産系

・婚活系

このようなジャンルをテーマにしたサイト作りをすれば自ずと収益は伸びます。

しかし、すでにどれも激戦区で参入は厳しいですよね。

次に今回のメインである、今運営しているサイトで収益を伸ばしたいという方向けの設定方法があるのでご紹介します!

単価の低い広告をブロック

アドセンスの収益を上げる方法といえば一般的に広告の配置を変える、広告の種類を変える、PVを増やすなどが挙げられます。

しかし、これ以外に裏技的な方法があるんです(裏技といっても色々な方が紹介していますが笑)。

それは「単価の低い広告を表示させない」という方法です。

f:id:webrank:20181126141829p:plain

アドセンスのホームを開いたら、以下の手順で進みます。


①「ブロックのコントロール」をクリック

②「All sites」をクリック

③「一般カテゴリ」タブをクリック

そして開いた画面で広告の「表示回数の割合」と「収益額の割合」を見ることができます。

つまり、ここで「表示されているのにあまり収益になっていない広告」が分かるので、それをブロックしてしまえばいいのです。

表示回数の割合と収益額の割合に注目

表示されているのにあまり収益になっていない広告」とは具体的には、

表示回数の割合>収益額の割合となっている広告です。

この差が大きいものをブロックしましょう。

表示回数の割合<収益額の割合となっているものは優秀なのでブロックしないように注意!

左のほうにある「許可またはブロック」を押せば簡単にジャンルごとに表示と非表示を変更できます。

最後に

今回は単価の低い広告を表示させない方法をご紹介しました。

しかし、それが必ずしも収益増加につながるわけではありません。

もしかしたら逆に下がってしまうかもしれません。

定期的に収益を設定を確認しながら、自分のサイトに合った設定を探しましょう!

今後も収益増加に繋がる内容を紹介していきますのでよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です