【みんな大好き】コカ・コーラの豆知識

 

 

世界を代表する炭酸飲料であるコカ・コーラ
どこのお店でも売っていて、ほとんどの飲食店でも取り扱っています。

アメリカでは国民一人当たり1週間で3.5Lものコーラを飲むといいます。
今回はそんなコーラについてのお話です。

コーラについて

コカ・コーラの原液は企業秘密

コカ・コーラの原液の製造方法が企業秘密なのは有名な話ですよね。
その成分を知るのはコカ・コーラ社の中でも最高幹部のみと言われています。

ちなみにこの秘密とされている成分は7xと呼ばれ、
レモン・オレンジ・ナツメグ・シナモン・ネロリコリアンダー、そして脱コカイン処理されたコカの葉の7種(またはコカの葉がない6種)をアルコールで抽出したものだと言われています。

そんなコカ・コーラはレシピの特許を取っていません。
特許を取ることでレシピを公開しなければならないので、成分が漏れることを防ぐために徹底していますね。
コカ・コーラの本社はアメリカなので、日本では原液をアメリカから購入して炭酸と混ぜて作っています。

コカ・コーラの名称の由来

コカ・コーラの名称の由来はコカの葉とコーラの実を原材料として使っていることからつけられたと言われています。

しかし、日本コカ・コーラ株式会社はこれについては否定しています。
公式サイト内のQ&Aでコカ・コーラの由来について回答がありました。

コカ・コーラの由来

コカ・コーラの消費量

コカ・コーラは200ヶ国以上で販売されており、その消費量は莫大です。
なんと平均して1秒間で10,000杯ものコーラが消費されています。

そんなコカ・コーラですが、一番消費している国はアメリカかと思いきや、メキシコだそうです。
コカ・コーラの国アメリカ以上とは驚きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です