雑記ブログを伸ばす方法

 

 

ブログと言えば大きく分けて「雑記ブログ」と「特化ブログ」ですよね。
おそらく雑記ブログから始めた方が多いのではないでしょうか?

しかし、雑記ブログは伸ばすのが難しいんですよね。
今まさに「雑記ブログが伸びなくて悩んでいる」という方が多いと思います。

今回は雑記ブログを伸ばす方法をご紹介します!

雑記ブログの難しさ

f:id:webrank:20190112121308j:plain

雑記ブログは稼ぎにくい

すでに雑記ブログを運営している方は分かると思いますが、雑記ブログは収益化が難しいです。

ブログで収益得る方法は大きく分けてこの2つですよね。
アドセンス
アフィリエイト

雑記ブログにおけるアドセンスアフィリエイトの難しさをご紹介します。

アドセンス

アドセンスで収益を上げるために大事なのは「配置」と「PV」です。
配置については自分で色々調べたり、試行錯誤することで収益を最大限にできます。

しかし、PVは自分ではコントロールできません。
アドセンスの収益は一般的に1PVでだいたい0.1円~0.3円だと思います。

月1万の収益を出すには、3万PV~10万PVは必要ということになります。
ジャンルによっては1PV=1円の収益も出すことが可能です。

ですが、雑記ブログでは難しいでしょう。
まず雑記ブログを月間10万PVに伸ばすのが難しいですもんね。

アフィリエイト

雑記ブログはジャンルに縛られない分、色々なアフィリエイトができます。
ASPを見て、良いと思ったものを紹介することで収益を得ることが可能となります。

ですが、ユーザーが購入してくれなければ収益は得られないのです。
例えば雑記ブログ特化ブログで同じものを紹介していた場合、恐らくユーザーはより専門的な特化ブログの方を選ぶでしょう。

このように雑記ブログは有名にならなければ収益を伸ばしづらいのです。

アフィリエイトについてはこちら!
www.melancholy-monday.net

雑記ブログはネタが尽きやすい

雑記ブログはなんでも書けるからネタが尽きない!
最初はそう思ってもいつの間にか何を書いたらいいか分からなくなっていた、なんてことありませんか?

これが雑記ブログの難しさです。
自由で制限がないからこそ分からなくなるんです。

小学生の頃の自由研究もその自由さに悩まされ、なかなか苦戦したものです。

その点、特化ブログは書く内容で悩むことがありません。
サイト設計により書く内容も決まっていますし、サジェストからキーワード選定も簡単にできます。

伸びない雑記ブログの特徴

f:id:webrank:20190113173748j:plain

伸びるか伸びないかの分かれ道!
伸びない雑記ブログには以下のような特徴があります。

伸びない雑記ブログの特徴①ブログに読者(ファン)がついていない

②キーワード選定がされていない

③記事のカテゴリ分けがされていない

④ブログデザインに特徴がない・見づらい

⑤ブログを宣伝する場を用意していない

⑥運営者をブランド化できていない

次に上記の特徴について説明していきます。

①ブログに読者(ファン)がついていない

例えばYouTuberのヒカキンの動画を見る場合、いつも見ているほとんどの人は「ヒカキンが新しい動画を出したから見る」という感じで見ていると思います。
このレベルになるともう動画の内容は関係なく、好きだから見るのです。

これと同じでファンがついたブログも伸びていきます。

具体的にはこのような人たちがファンになり得ます。
記事を読んで面白いと思ってくれた人
記事の内容に共感してくれた人
記事を読んで学びを得られた人
運営者を好きになってくれた人

このファンを増やすのに非常に重要なのがSNSです。

Twitterなどで有益な情報を発信したり、個性を出すことで「この人のブログを読みたい」と思ってくれる人が増えるはずです。
SNS流入は、その後も継続してブログを見てくれる層を獲得することに繋がるのです。

②キーワード選定がされていない

これは雑記ブログに限らず伸びるブログの特徴ですね。
しっかりとキーワード選定がされていれば検索で上位に表示され、ブログは伸びていきます。

逆に伸びない雑記ブログは中身のない記事が乱立しています。

ファンがついていないのに日記みたいな記事を書いて、それを読む人がいますか?

例えば「〇〇に彼女とデートへ行きました!」という日記的な感想記事には意味がありません。
そのため、この内容では検索に引っ掛からず、アクセスも見込めません。

しかし、「〇〇はデートスポットとしてどうなのか?」「〇〇へ行った際に行ったほうがいいお店」などの情報は十分ユーザーの検索意図につながる可能性があります。

自分の過去の記事を読み返してダメだった場合消すのではなく、そこにユーザーの学びを追加してあげればいいのです。

サーチコンソールで調べて検索順位が低いのであれば、タイトルも変更しましょう。

③カテゴリ分けがされていない

雑記ブログだからといってバラバラの内容の記事を書くのはおすすめしません。
ちゃんとジャンルやカテゴリ分けがされている必要があります。
なぜならば脈絡のない記事ばかりでは、内部リンクで繋ぐことができないからです。

内部リンクがなければユーザーを回遊率をあげることができず、離脱率が上がってしまいます。
雑記ブログの中でもある程度のジャンル・カテゴリ分けをできるように記事を書いていましょう。

もし検索が増えるカテゴリがあれば、それをそのまま特化ブログにするのもおすすめです。

④ブログデザインに特徴がない・見づらい

特徴のないブログはユーザーの記憶に残りづらく、リピーターを獲得しづらいです。
この特徴というのは主にヘッダーですね。「こんなブログです!」というのが伝わるようなデザインのものを用意しましょう。

次に見づらさです。これは記事の読みづらさではなくデザイン的な意味です。
ブログのトップページがごちゃついていたりするとユーザーがすぐに離れてしまう可能性があります。

これは例えると「字の下手な人」といった感じですかね。
字が汚いだけで頭が悪そうに見えたり、読む前から内容が悪いと思われるかもしれません。

このような「パッと見の印象」は非常に大事です。
自分のブログを見てどのように思いますか?自分ではなかなか分からないという方は他の人に意見をもらいましょう。僕に連絡くれれば感想言いますよ!

⑤ブログを宣伝する場を用意していない

ブログを伸ばすには、ブログの宣伝をする必要があります。
そこで役に立つのがTwitterです。

特にブログを始めたばかりの方は、検索流入がないため記事が読まれません。
記事が検索に上がるまではSNS流入を狙いましょう。

Twitterではブログ紹介の企画をやっている人が多くいます。最初の内はブログの露出を増やすために、そのような企画に積極的に参加しましょう。

あとは記事を書くたびにツイートすることが大切です。
このとき、しっかりとどんな記事かも書いておきましょう。Twiterの検索で気になった人が見てくれるかもしれません。

⑥運営者をブランド化できていない

雑記ブログにとってかなり重要なのが自身のブランド化です。
僕自身もこれができておらず、多くの方から「早くブランド化をしたほうがいい」とご指摘をいただきました。

このブランド化とは自身を確立させることです。
「自分はこんな人です!」という強みと個性を前面に出してユーザーに知ってもらうのです。

Twitterを見ると自信をブランド化している人がたくさんいます。
分かりやすいのが、名前のあとに「@〇〇ブロガー」みたいな肩書を付けている人がいますよね。

この肩書は自分がどんな人物なのかを表現しつつ「〇〇ブロガーって何?」と見た人に興味を持ってもらうことができます。

次にブランド化をするために必要なのが、プロフィールです。自分自身がどんな人物であるかをしっかりと書きましょう。
例えば「ニートだけどブログを頑張っている」や「会社を辞めてブログをやっている」といった方をよく見ますよね。同じ立場の人が共感してくれたり、興味を持ってくれます。

最後に

結構色々書きましたが、僕自身この内容に気付くまで時間がかかりました。
そのため最初の頃書いた記事は「それ誰が読むの?」って記事ばっかりなんですよね笑

そういう記事はタイトル変更や内容の追加で検索に引っかかるよう修正していきます。

今回書いた内容の多くは、Twitterを活用することで解決できます。ファンの獲得も宣伝もTwitterさえあればできますもんね。
Twitterでは有益な情報も得られますし、ダメ出しだってしてもらえます。ブログのブラッシュアップのツールだと思って利用しましょう!

雑記ブログで目指せ!月間30万PV!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です