【週刊少年ジャンプ】伝説の打ち切り漫画をご紹介

集英社が発刊する「週刊少年ジャンプ」
1995年には653万部という漫画雑誌の最高発行部数を記録しており、
正に「一番有名な週刊少年漫画雑誌」であることは間違いありません。

そんな週刊少年ジャンプでは数多くの名作が生まれています。
ドラゴンボール、SLUM DUNK、ONE PIECEなどどれも日本を代表する漫画です。

ですがその裏には、人気が出ず、打ち切られた漫画が数多く存在します。

本来であれば、忘れられていく打ち切り漫画。
しかし、その中でも読者の記憶に深い爪痕を残す”伝説の打ち切り漫画“が存在するのです。

今回はそんな打ち切り漫画をご紹介します。

打ち切り漫画一覧

世紀末リーダー伝たけし!

f:id:webrank:20181219181109j:plain

2002年8月に作者・島袋光年が女子高生との援助交際により逮捕される事件が起こる。
この不祥事により連載が打ち切りとなった。
同年9月に発売予定であった最新巻は発売中止となり、既巻の単行本全巻も絶版となった。

前代未聞の打ち切りとなった伝説の漫画。

島袋逮捕

島袋は漫画家活動を自粛し、2004年に『スーパージャンプ』で復帰。
2005年6月に『スーパージャンプ』にて『世紀末リーダー伝たけし! 完結編』のタイトルで連載を再開し、同年11月に完結した。

作者・島袋島袋はその後、2008年25号から食をテーマとした異色のバトル漫画「トリコ」の連載を開始し、単行本は、売上累計2000万部を達成するほどの大人気漫画となった。

人気漫画のまさかすぎる打ち切り理由に驚きですよね

チャゲチャ

f:id:webrank:20181219181131j:plain

全国各地からヤンキーボーイ(不良高校生)たちが集まる大都市・暮東京(グレとうきょう)。
不良たちが注目される激ヤンキー時代の幕開けの中、一人のヤンキーが暮東京に現れた。

ボボボーボ・ボーボボ」の作者・澤井啓夫による2度目のジャンプ連載作品であったが、連載開始からなんと8週で打ち切られたギャグマンガ
ジャンプ史上最速の打ち切りと言われる伝説の漫画。

一般的に週刊少年ジャンプでは10週打ち切りと言われる中、8週での打ち切りは読者に衝撃を与えた。

作者・澤井啓夫はその後、2011年、『最強ジャンプ』創刊号から『ボボボーボ・ボーボボ』のキャラクター「首領パッチ」を主人公としたスピンオフ漫画『ふわり!どんぱっち』の連載を開始し、2014年9月号まで連載された。

これは正直言ってびっくりするくらい面白くなかったです笑

ロケットでつきぬけろ(2002)

f:id:webrank:20181219181315j:plain

主人公・春田倫雄(はるたみちお)がプロのレーサーを目指す物語。
しかし、連載がわずか10週でロケットのように突きぬけて打ち切られてしまった伝説の作品。

その後、短期打ち切りを意味する「つきぬける」の由来となった。
作者のキユは打ち切られた号の巻末コメントで、以下のような名言を残している。

痛みを知らない子供が嫌い。心をなくした大人が嫌い。優しい漫画が好き。バイバイ

お手本のような短期打ち切りと、作者コメントで読者に衝撃を与えた伝説の打ち切り漫画。

ちなみに微妙な打ち切り漫画は「つきぬけてない」と表現されます。

タカヤ -閃武学園激闘伝-

f:id:webrank:20181219181334j:plain

中学浪人が決定した火叢タカヤ。両親から追い討ちを掛けるかのように父親の会社が倒産したと告げられる。
しかし、お隣の日本屈指の大金持ち白川家から100億円の寄付をポンと貰っていた。
100億円の交換条件として提示されたのはタカヤを白川家が経営する私立閃武学園へ強制入学させることであった。

閃武学園、そこは力の強い者が生き残り、弱い者は淘汰されていく学校。
そんな学園に入学したタカヤの学園バトル作品です。

作品は終盤に『タカヤ-夜明けの炎刃王-』と改題され、それまでの学園バトルものから異世界ファンタジーバトルものへと突如作風が大きく転換し、読者を混乱に陥れた。

話は結構面白かったので突然のジャンル変更は残念でした…

シャーマンキング

f:id:webrank:20181219184048j:plain

霊能力者(シャーマン)の少年・麻倉葉が、シャーマンの頂点を決める戦い「シャーマンファイト」に参加し、全知全能の力を持つシャーマンキングとなるための戦いを描く物語。

週刊少年ジャンプ』のアンケート順位が最下位近くで低迷を続けた末に打ち切りという形で終わりを迎えた。
長期連載作品ですが、あまりにも突然のインパクトがある終わり方が読者に衝撃を与えました。

敵役であり、作品のボスに当たるハオがなぜか女装で登場し、大見出しで「プリンセス・ハオ」と書かれた謎の1コマが最終コマで終わります。
この意味不明なラストは結局、小山田マンタの夢オチという展開でした。

ちなみにジャンプコミックス最終巻のラストシーンにはなぜかみかんが描かれているが、これはストーリーの未完を意味する武井のシャレである。

その後、シャーマンキングは完全版が発売されました。
通常版で苦情だらけだった最終回に383ページという大幅な加筆修正を行っています。これにより完全なラストシーンが描かれました。

完全版が発売されてほんとによかったです!

最後に

やはり記憶に残る打ち切り漫画は一味違いますね。
今回紹介した打ち切り漫画は一例です。今後も追加していきます!

いつでもどこでも漫画が読める!!【DMM.com 電子書籍】

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

漫画全巻セット一括購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です